菜園とお花と写真の日記


by sachiko_0906
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

つるバラの誘引作業Part4

最近は、日中の暖かな時に庭に出て、朝と夕方~夜にかけてお仕事をするというパターンになってしまった!

と言う訳で、今日も陽が差しこんでいる昼過ぎ頃からお庭に出て作業再開。

「スプニール ドゥ ドクタージャメイン」(ハイブリッドパーペチュアル)を誘引。大分誘引作業にも慣れてきて、また、この品種も細枝性で扱いやすかった!で、なんか、凄く上手く出来ちゃったんだなぁ~♪枝だけのバラなのに、「美しい!」と本気で思った!バラの誘引作業には美的センスも必要です・・・と、言われた先生の言葉を思い出して納得しまくった。

でも写真は無し。バックにはガラクタが一杯だし、何の名残りなのか分からないけれど、バラのまん前にステンレスのパイプ柱が立っていてびくともしないのだ・・・無粋で何の役にも立っていない柱・・・いつか抜かなくては。

「ムーンライト」(ハイブリッドムスク)に一つだけ花が咲いた!秋の残花?品の良い可愛らしい一輪。でも、黒星病と薬害とで、葉っぱが・・・汚すぎ。ゴメンネ!今年は間違えないゾ!花が終わったら次はムーンライトのお手入れだな~♪
c0206051_16402356.jpg

[PR]
by sachiko_0906 | 2011-01-31 16:42 | バラ | Comments(2)
二階建ての隣家の影で冬の間陽が当らなかったお庭にも、少しづつ太陽の当る時間が長くなってきました。春の足音を感じますね~!

で、今日は午前中の暖かい時間帯に、地植えにしていたグルスアンテプリッツ(チャイナ)をアーチの横に植えかえてあげました。
c0206051_16191339.jpg

冬枯れの寂しい写真ですが・・・

このアーチは「香りのアーチ」
写真は、グルスアンテプリッツと、フランシスデュプリュイ(ティー)。そして、反対側には先日新しくお仲間入りしたツーエンフェウ(チャイナ)があります。すべて香りの素晴らしい、しかも四季咲きのバラさん達です(偶然にもすべて赤系だなぁ~・・・)

グルスアンテプリッツは、昨年60センチくらいの苗だったものが、半年で背丈ほどに伸びました。繊細で華奢な樹性がお気に入りです。勿論、うつむき加減に咲く花も素敵ですよぉ~♪

ツーエンフェウもかなり伸びる品種のようですが、とりあえずまだ幼苗なのでフェンスに誘引してみたけれど、来年からはアーチの方に出来るかなぁ~?

「香りのアーチ」をくぐる日が楽しみだぁ~♪春の開花が待ち遠しい・・・
[PR]
by sachiko_0906 | 2011-01-29 23:48 | バラ | Comments(0)

つるバラの誘引作業 Part2

仕事の合間の庭仕事だったのか、庭仕事の合間の仕事だったのか・・・?
いずれにしても、今日も脳ミソの中は完璧にばら色になっていた!

朝一で打ち合わせに行く予定だったのが、午後にずれ込んでしまったので、午前中は手ごわい「ペネロープ」君(ハイブリットムスク)の誘引に挑戦。昨日とは全然別物の株で、枝と言うよりは幹と言った方が良いくらい枝が太くて剛直に真っ直ぐ上に伸びる品種!

トゲが刺さらないように皮手袋をはめての作業となったが、トゲは刺さらなかったけれど、細かい作業がはかどらなくて、超超不器用になった気分(><;
c0206051_21521050.jpg


しかし、枝は太い割には案外折れずに曲がるものだと思った。冬の今の時期だからなのかな~?数年後には窓の周りを囲むように枝が伸びる姿を思い描きながら、結わいては解き、解いては結わきを繰り返しながら、何とか終了。そして、ペネロープの手前には、個性派女優の「ロサモエシー」さん(スピーシース)を配してみた。まだまだ株が小さいけれど、キウイ(枯れている)の幹に寄り添わせてみた。


c0206051_2202273.jpg

そして、もう一本のキウイ(同じく枯れている)に添わせたのは、「つくし野ばら」(スピーシース)。こちらも株は小さいけれど、最終的には屋根から溢れるように咲くであろう姿を思い描きながら作業をしていた。考えているだけで幸せだぁ~(^_^* (根元に見えているもしゃもしゃした葉っぱはクレマチスの株)

最後に「ツーエンフェウ」をフェンスに誘引して本日の作業は終了!まだまだ続く、冬のバラ作業。
c0206051_2262100.jpg

[PR]
by sachiko_0906 | 2011-01-28 22:18 | バラ | Comments(0)

つるバラの誘引作業

ようやく仕事の目処もついてきたので、昨日は久々に仕事オフにして庭作業に入りました~♪

つるバラは、とりあえずすべて鉢植えにして、一年間育てて様子見してみないと、私のような初心者には、いきなり地植えでは余りに危険すぎると言う事が良く分かったので、昨日は鉢植えの作業から入りました。

プラ鉢は安くて軽いので最初は良いと思ったけれど、やっぱり焼き物の鉢の方が重厚さが全然違うのよねー焼き締めのような大鉢をいくつか購入して、ついでに土と腐葉土と完熟堆肥も買って、ラティスを一枚、コレが結構高かったけれど、サービス品だったのかなぁ~?半値のレジだったので、黙ってそのままお支払いして、なんだか儲かったような気分でルンルンで帰って来ました~

村田バラ園さんから届けられた苗の一つで「マダム・プランティエ」さん(アルバ)
これが、即戦力になりそうなくらい超立派!立派!で、一寸ビックリな苗だったのですが・・・

今日は(実は今日も仕事オフにしてしまった!)この「マダム・プランティエ」さんの誘引作業に挑戦です!私にとっては、始めての冬の誘引作業なのですねぇ~

数日前から勉強したことを復習しながら臨んだ作業でしたが、教材としては、良い塩梅の枝ぶりだったんじゃないのかな?簡単過ぎず、かと言って無茶苦茶ぐしゃぐしゃで手がつけれられない程でもなかったし・・・

咲いた時の花の位置を予測しながら、太い枝から順番に枝を広げていきました。
結構頭を使う作業ですね・・・全体を見ながら、直しては結び、結んでは直しで、枝が多かったので意外と時間が掛かりました。

でも、軟らかくて素直な枝だったので、多分これは「誘引作業」としては楽な部類に入る品種だったのじゃないかしら?
c0206051_2122119.jpg

分かり辛いけれど、これで一株。立派な苗でしょう?

陽も傾きかけて一寸肌寒くなってきたので、後は簡単な株をと思い、2~3本しか枝のない「ローブリッタ」ちゃん(シュラブ)と、「マダム・プランティエ」さんと似た枝振りでプランティエさんより枝も少なくてこじんまりとしている「マダム・ル・グランドサンジェルマン」さん(アルバ)の誘引をして本日はタイムリミット。
c0206051_21254985.jpg

ここにはローブリッタとマダムルグランドサンジェルマンの2株を誘引

今日の苗は比較的枝が柔らかで扱いやすいものばかりだったけれど、後はまた時間を作ってのお楽しみですねぇ~
[PR]
by sachiko_0906 | 2011-01-27 20:58 | バラ | Comments(0)