菜園とお花と写真の日記


by sachiko_0906
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:つるバラ ( 13 ) タグの人気記事

ランブラーローズは、日本原生のテリハノイバラやノイバラを基にして生まれたつるバラで、枝がしなやかに長く伸び、花は小中輪の房咲きで一季咲きの品種が多いそうです。

わが家のグラウスは2010.7に村田バラ園八ヶ岳農場に伺った時、全く予定していなかったのに、余りの可愛らしさに一目ぼれして、連れ帰った子です。

一枚目の写真はその年の開花の様子で、二枚目の写真は翌年の開花です。鉢植えですが、フェンス沿いに誘引してみました。

c0206051_21585140.jpg

c0206051_2203466.jpg


さて、このグラウス、一年半育てていますが、兎に角伸びます!鉢植という限られた条件にもかかわらず、地面をほふくしてどこまでもどこまでも伸びて行きます。ほって置くと、着地したところから根を下ろし、また伸びます。すこぶる生命力の強い子です。

枝は細くしなやかなのですが、細かく鋭いトゲが枝一杯にあって、他の植物や樹木に絡みながら自分のテリトリーを広げて行ったりするのでしょうか?そんなわけで、誘引の作業は、もぉ~それはそれは一筋縄ではいきません。一度捕まるとなかなか逃れられません…皮の手袋は大丈夫なのですが、棘が洋服に引っかかったりすると、外そうと一寸でも引っ張ったりすると、そのまま洋服の糸が引き出されてしまいます。誘引に神経を使うのではなくて、棘を外すための神経と時間を必要とするのです。

そのグラウスを、昨日ようやく定植してあげる事が出来ました。家の東南角にある雨どいを利用して、一旦垂直に上に誘引してから伸びた枝を垂らすようにして見ました。こんな感じです。

c0206051_17302079.jpg
c0206051_1730364.jpg

細かい枝が一杯出ています。この一つ一つに房咲きにビッシリ花が咲いたらと思うと、あぁ~うっとり012.gifって、そんな上手くいくのか…?
c0206051_17305015.jpg


ここはまずまずの日当たりを確保できる場所なのですが、石ころばかりの痩せた土地でした。植え穴だけは掘りましたが、周りは耕さず石ころもそのままで、劣悪の条件のままにしておきました。育ちすぎると手に負えなくなりそうですので…

とまぁ、誘引作業はとても大変なのですが、淡いピンクの可憐な花を咲かせ、秋には小さな赤いヒップも成り、秋が深まった頃には葉っぱが紅葉して長い間楽しませてくれます。おまけに病害虫にも強いと言う、優等生です。066.gif

今年はこの場所でどのような風景を作ってくれるでしょうか?遅咲きのグラウスですが、今から楽しみです
[PR]
by sachiko_0906 | 2012-01-19 21:12 | バラ | Comments(0)
昨日は写真&仕事仲間の友人3人が、わが家のバラを見に来てくれました♪
丹精込めて育てたバラを見に来てくれると言うのはとても嬉しく、皆でゆっくりお喋りすると言うのも楽しく、お客様のためにお料理を作ると言うのも嬉しいものです。ささやかながら、ランチと、手作りのケーキでお迎えしました♪…が、肝心の写真を撮りそこなってしまいました^^;そんなこんなの楽しい一日を過ごしておりました~^^/
c0206051_8483464.jpg

で、そのうちの一人が、先日見えたときに差し上げたバラでポプリを作ってみたと話されたていたので、なぁ~る程!と、早速私も今朝やってみることにしました。毎日毎日大量に出る花ガラを見ながら、ただ捨てるだけなんてもったいないなぁ~といつも感じていたので、良い事を伺いました♪上手く出来るかどうかは別として、とりあえず挑戦してみました~^^/撮影の為に日向に出しているだけで、陰干しします。
c0206051_9242528.jpg

私の仕事部屋の小窓から見える景色です。窓が小さくて、お庭のあまり美しくない余計な箇所が見えないので、レンガの小道とその脇に植えてある草花が丁度好い加減で賑やかに見えます。この小窓からの眺めが私は一番好きかも…^^/多分来年はアーチにもバラが絡まるはずなので、後ろに見える二階家のお家もきっと隠れるはず…^^;
c0206051_964037.jpg

「つくし野バラ」を枯れたキウイの幹に絡ませてみましたが、思いのほか馴染んで美しい~!♪多分、来年はもっと大きくなるはずなので、今年とは全く違う樹形になるのでしょうね…目標は、屋根の上からわさ~!わさ~~~!と枝垂れて咲き乱れる姿なんですが…^^/何年後になるかしら~?♪右側の青い花はチドリ草ですが、こじんまりと纏まっているように見えますが、実は巨大化して倒れこんでしまってます^^;
c0206051_11243147.jpg

[PR]
by sachiko_0906 | 2011-05-21 09:21 | バラ | Comments(2)

命名!薔薇二種

30年以上前、とある試験場から、捨てられていたつる薔薇の大株を拾ってきました。借家住まいだったにも関わらず、狭い庭一杯に色々な草花を育てていましたが、そこにその大株のつる薔薇がやってきました。その当時はHT(ハイブリッドティー)全盛の頃で、オールドローズと言う言葉すら私は知りませんでした。

育ててみて、花びらが巻かない、クシュクシュに乱れたお花、何、これ?それに、シュートが勢い良くぴゅぅ~ん、ぴゅぅ~ん、と数メートルも伸びる姿に、どうして良いのか分からず、結局もてあまし気味になっていました。
c0206051_13325370.jpg

その後、転居などもあって、そのつる薔薇は実家の庭に落ち着く事になったのですが、やはり実家でももてあまし気味で、つるが延びると切り詰められ、多分30年近く花を見ることはなかったかもしれません。

手入れもされずにほったらかしの邪魔者扱いされていたつる薔薇でしたが、人間って勝手な生き物ですよね。去年バラの講習会なんぞを受けた事もありまして、延びたつるを誘引して、一寸お手入れもしてあげて、そして、ほぼ30年ぶりに花を咲かせる事になったのです。

いったい薔薇は、喜んでいるのでしょうか?それとも、あきれているのでしょうか?
c0206051_11352472.jpg

名無しのごんべさんでしたが、本日命名「試験場のバラ」と名前をつけました。それがこれです。枝は太くて繊細さに欠けますが、お花は思いのほか可愛らしいのですよ♪クシュクシュした花びらを「変なの!」って思っていたのに、今ではそれが可愛い~と思うのだから、ホントに人間って勝手な生き物ですよねぇ…^^;二日二晩降り続いた雨で多少花が痛んでいるようなのですが、でも、可愛い~~~♪

そして、もう一株、名前のわからないバラさんがいます。こちらは、撮影のお仕事でお花の教室に行った時に一枝頂いたのを挿し木したものです。ミニバラのようですが、とても上品なバラなのです。こちらは、「お教室のバラ」にしました。そのまんまのお名前ですね…
c0206051_1153562.jpg

c0206051_1150929.jpg
c0206051_11525013.jpg

[PR]
by sachiko_0906 | 2011-05-14 11:59 | バラ | Comments(0)
二日二晩降り続いた雨も上がり、今日は爽やかな良いお天気…と言うよりも、一寸暑いかな?風もそこそこありますね…

朝起きてまず庭を見回りましたが、惠の雨のはずが、バラにとっては最悪の雨になってしまいました。折角綺麗に咲きかけていたのに、雨をたっぷり含んだ花びらは透けて腐り始めな感じだし、二日分の花びらが汚く地面に散っているし、雨の重みで花首は垂れちゃっているし、もぉ~被害甚大!朝日を浴びて綺麗に見えますが、茶色く変色してしまった花を整理した後のマダムプランティエです。みんな下を向いてしまってます。
c0206051_1452571.jpg

地面に落ちた花びらも、写真では綺麗に見えるけれど、このままほって置くと腐り始めるし、病気の元なので出来る限りかき集めて捨てないと…でも、全部は無理~
c0206051_149389.jpg

まぁ~自然のなせる業だから仕方が無いのだけれど、後の始末が結構大変です…^^;バラ栽培の表と裏を見てしまったような気がしました。はぁ~~~…

昨日のバラとガーデニングショーで見つけた便利グッズが、早速役にたちました。倒れたバラと千鳥草を上手く支える事が出来ました。もう少し買ってくれば良かったかも?
c0206051_14113866.jpg


風通しの良いところにお引越しさせて、せ~せ~しているロサモエシー。これが最後の花になるのかな?日本の侘び寂びに通じるような姿が、このバラの良いところでもあります^^/
c0206051_14195666.jpg

まだまだ先だと思っていたローブリッタの蕾が色付き始めていました。このバラ、色々なところで写真をみるのだけれど、イメージがみんな違っていて、いったいどのような花なのだろう?と、咲くのが楽しみなのです。
c0206051_14223387.jpg

ロココが咲き始めました。去年伊豆のバガテルで私が始めて求めたバラの苗です。あの時は何も知らずにただただ花が気に入って買ったのですが、結構大きく伸びる品種だったようで、今年はどこか適当な場所に下ろしてあげないと、大変なことになりそうです。ただ、こんな色していたかなぁ~?もう少し、アプリコット色が濃かったような気がするのですが…?
c0206051_1427268.jpg

おまけ。白のルピナスを買ったはずなのに、何故かピンクになっていました。結構大柄なんですが、憎憎しさはなくて思ったより可愛いです。整然と秩序だった花房が、幾何学模様のようでとても美しいと思いました。
c0206051_1430539.jpg

[PR]
by sachiko_0906 | 2011-05-13 14:49 | バラ | Comments(5)

自家製腐葉土堆肥作り

昨日の続きで、【自宅でワンランクレベルアップの腐葉土作り】を朝から張り切って開始~♪

当初の予定では、周りをブロックで囲って、その中に腐葉土を積み重ねて、最後にビニールシートで覆って完成~!!…のつもりだったのですが、そう言えば、父が亡くなってから誰も使用しないで庭の隅に置きっぱなしになっていたコンポストがありました♪そうだ!そうだ!コレを使わない手はないのだ!と閃き~☆早速作業再開♪
c0206051_1644229.jpg

ここは庭の南側なのですが、隣家がギリギリまで迫って建っているので、実は隣家の北側に当ります。と言う事は、わが家では南側でも、場所としては全く陽が当らないので腐葉土作りには最適な場所なのですね~^^/

手順としては、まず拾ってきた落ち葉を入れ踏み固めます。その上に苦土石灰とぼかしと米ぬかを振りまき、牛糞堆肥も入れ、水をかけたら、また落ち葉を入れ、踏み固め、苦土石灰・ぼかし・米ぬかを振り、牛糞堆肥を入れて水をかける。この作業を繰り返して丁度ミルフィユ状態に重ねていきます。3回やったら落ち葉がなくなったので終了。
c0206051_1654544.jpg

蓋を閉めて、一ヶ月ごとに天地返しを繰り返して葉っぱが土のようになったら完成・・・の、はずですが…^^;さて、上手く出来るでしょうかー?

と言う事で、コンポストが置きっぱなしになっていた場所が空いたので、きゃぁ~~~、ラッキ~!花壇にできるじゃぁ~ん!♪うひゃ、うひゃっ~^^/♪
c0206051_18233211.jpg

60×60くらいしかないけれど、貴重な土地ですよぉ~♪とりあえず耕して、足場として飛び石を置いておきました。右側には雨水貯水槽、左側の赤いバラは「ロサモエシー」今日こちらにお引越しさせました。

ここは柿の木の下なので、日当たりは余り良くないけれど、それなりの植物を植えられますね~~~♪♪ただ、時々強烈な西日も当るところなので、うぅ~ん、何を植えたら良いのかなぁ~^^/♪また楽しみが増えましたぁ~♪

下は今日のお庭です。一番良い感じに見える角度から撮影。一年目ですが、結構造りこんでいる風に見えませんかー?フランシスデュプリュイとグルスアンテプリッツ(左側の赤いバラ)は見頃を迎えましたが、まだまだ他は咲き始めたばかりと言ったところです。
c0206051_1830357.jpg

[PR]
by sachiko_0906 | 2011-05-08 18:41 | 病害虫 | Comments(3)

今日の庭

少しづつ、少しづつ咲き始めてますよ~♪

c0206051_1174648.jpg

c0206051_1181597.jpg

シュロの木に添わせた「ムーンライト」(ハイブリッドムスク)枝も繊細で適度に枝垂れて良い感じの姿になっています。お花もとっても上品ですよ。正面の写真が無くてスミマセーン!返り咲く性質と言うのも良いですねぇ~♪


待ち焦がれたクレマチス「白万重」今年の一番花です♪今年は数え切れないほど沢山蕾を持って、これからとても楽しみです~♪
c0206051_1202652.jpg

さて、自宅で良質の腐葉土を作ってみようと思い、夕方から庭の隅を一寸片付けました。先日青木ヶ原の樹海から頂いてきた腐葉土に少々手を加えてみようかと考えています。続きはまた明日…
[PR]
by sachiko_0906 | 2011-05-08 00:26 | バラ | Comments(2)

芽が動いてきました♪

立春も過ぎて、暦のうえではもう春。ここ数日は汗ばむくらいの陽気だったりして、お庭の草花の芽が動き始めてきました。毎日お庭に出て日に日にふっくら膨らんでくる新芽を見るのがとても楽しい。
c0206051_22322958.jpg

[PR]
by sachiko_0906 | 2011-02-26 22:35 | バラ | Comments(6)

つるバラの誘引作業 Part6

今日はラティスの取り付けと、最後まで誘引出来ずにいた「つるアイスバーグ」を、取り付けたばかりのラティスに誘引して、ようやく今年のつるバラ誘引作業がすべて終了した。
c0206051_14584745.jpg


右下にちょこっと写っているのは、クリスマスローズのニゲル(原種) 園芸種のオリエンタリスは良く見かけるし、我が家にあるオリエンタリスも成長著しく、こぼれ種でも簡単に増えてしまい、あちこちから実生の芽が沢山出てきている。

c0206051_15121964.jpg

ニゲルはまじりっけのない純白種で、オリエンタリスのように大きくはならずに、楚々とした控えめな美しさがあって、ずっと欲しいと思っていた。一寸お高かったけれど、先日ホームセンターで見つけて連れ帰ってきたのである。

ラベルに北海道の絵があったので、北海道育ちかなのかな?と言うことは、寒さには強いけれど、夏の蒸れには気をつけないといけないのかもしれない。その点、オリエンタルリスの逞しさには驚かされた。昨年の猛暑、しかも、半日陰をつくっていたキウイ棚を処分してしまったので、昨年は容赦ない直射光が当ていたはずなのに、ものともせずに今盛んに花芽を上げてきている。

しかし、余りに大株になってしまったので、狭い庭では一寸もてあまし気味になりつつある・・・別の場所にお引越ししてあげた方が良いのかもしれない・・・

さてさて、そんな訳で、昨年の初夏頃から興味を持ち始め、あっという間にのめりこんでしまったつるバラ。と言っても、もともと庭仕事は小さい頃から大好きで、仕事を始めて一時中断せざるを得なかっただけだから、本来の自分のスタイルに戻ったと言った方がいいのかも知れないのだが・・・

狭い庭でも、折角土のある家に住んでいるのだったら、自分の庭を作ってみたいと思い始めコツコツ始めたガーデニング。まだまだ冬枯れで寂しいけれど、春にはどのような装いになっているのだろう♪

待ち遠しいなぁ~~~^^/
[PR]
by sachiko_0906 | 2011-02-17 22:16 | バラ | Comments(0)

つるバラの誘引作業 Part5

今日の作業は、なんと半年で4~5メートルもシュートを伸ばしに伸ばした「グラウス」の植え替え。

道路沿いのフェンスに絡ませるつもりで地植えにしたけれど、このフェンスでは一寸手に負えそうもない気がしてきたので、安住の地が見つかるまで鉢で管理することにした。

しかし、今日はもぉ~大変だったぁ~~~!

グラウスの枝の細かいトゲ、トゲ、トゲ!一寸でも枝を動かそうものなら、洋服のあっちこっちにトゲが引っかかり、外そうとすると別のトゲが引っかかり、また引っかかり、あっちもこっちも引っかかりで、誘引どころではなくって、グラウスのトゲにもてあそばれているようだった!

でも、このグラウスって、淡いピンクの小さな可愛らしい花を咲かせるんだなっ♪しかも、オレンジの小さなローズヒップも成るし、秋の紅葉も綺麗だし、一目ぼれして連れ帰っただけの事はある!とても可愛らしい子なんです~~!
写真は去年の7月に撮ったもの。やっぱ、可愛いよね~^^/
c0206051_2094863.jpg

[PR]
by sachiko_0906 | 2011-02-01 23:16 | バラ | Comments(0)

つるバラの誘引作業Part4

最近は、日中の暖かな時に庭に出て、朝と夕方~夜にかけてお仕事をするというパターンになってしまった!

と言う訳で、今日も陽が差しこんでいる昼過ぎ頃からお庭に出て作業再開。

「スプニール ドゥ ドクタージャメイン」(ハイブリッドパーペチュアル)を誘引。大分誘引作業にも慣れてきて、また、この品種も細枝性で扱いやすかった!で、なんか、凄く上手く出来ちゃったんだなぁ~♪枝だけのバラなのに、「美しい!」と本気で思った!バラの誘引作業には美的センスも必要です・・・と、言われた先生の言葉を思い出して納得しまくった。

でも写真は無し。バックにはガラクタが一杯だし、何の名残りなのか分からないけれど、バラのまん前にステンレスのパイプ柱が立っていてびくともしないのだ・・・無粋で何の役にも立っていない柱・・・いつか抜かなくては。

「ムーンライト」(ハイブリッドムスク)に一つだけ花が咲いた!秋の残花?品の良い可愛らしい一輪。でも、黒星病と薬害とで、葉っぱが・・・汚すぎ。ゴメンネ!今年は間違えないゾ!花が終わったら次はムーンライトのお手入れだな~♪
c0206051_16402356.jpg

[PR]
by sachiko_0906 | 2011-01-31 16:42 | バラ | Comments(2)