菜園とお花と写真の日記


by sachiko_0906
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:ロサモエシー ( 7 ) タグの人気記事

ナチュラルガーデン Part3

お山の畑に廃棄処分されていたバラさん「ローズポンパドール」

お山から格上げされて、春先わが庭にいらっしゃいました^^
最大の理由は、その強烈な香り
少し離れたところでも、なんともいえない素晴らしい香りを
漂わせていたから…

香りの良いバラ、大好き
香りフェチ110.png


とりあえず鉢植えにして、マダムプランティエのアーチの下に誘引
瀕死の状態だった株でしたが、かなりの回復力をみせ
蕾もたくさん付きました


が、やっぱり瀕死状態からの一年目では体力不足だったみたい
沢山付いた蕾は開ききれなかった
素晴らしい香りも今回は封印された


一寸無理させてしまったかな120.png
秋口まで、ゆっくり体力つけてあげなくっちゃね~

c0206051_00261896.jpg



ERの「エブリン」
香水の名前にもなったというほどの香りの持ち主
地植えの場所を探しながら、あちこち移動していたいけれど
この場所が落ち着くかな?

優しいアプリコット色で、春の花は巨大、存在感ありあり

c0206051_00320012.jpg

c0206051_00320052.jpg



「マダムプランティエ」と「グルスアンテプリッツ」のコラボアーチ
去年、バシバシ剪定してしまったせいか?いつもより一寸寂しい
c0206051_00343851.jpg



原種バラ「ロサ・モエシー」
たまらなく好きなバラ110.png
深い赤の花弁と黄色のシベの対比、一重のシンプルな花型
原種フェチでもある110.png
逆光で本来の色が出ていないけれど、高いところに咲いているので撮れない
誘引失敗したかな?

c0206051_00344151.jpg


一寸調子を崩した感ありの「安曇野」お花がいつもより小さい120.png
シャビーな小屋の前で頑張って咲いてくれてます
(シャビーって言葉、便利ね~、汚い小屋もお洒落に聞こえる?)

c0206051_00344516.jpg


ナチュラルガーデン、もう少し続く…



モノクロ写真を別のブログに分けました
興味のある方、覗いてくださいね^^
http://hana96photo.blog.fc2.com/ 「野分のように」










[PR]
by sachiko_0906 | 2017-05-18 00:59 | ナチュラルガーデン | Comments(4)
植物に関しては、比較的原種系の
シンプルだけれど、逞しい子が好きです


バラにもその傾向があって、
バラの台木から伸びてきた枝は、本来掻き取るのが原則ですが
ペネロープの台木の野ばら
こんな立派に咲いてます
(勿論ペネロープにも沢山のお花が咲いてますよ^^)
c0206051_14161587.jpg




次は、花色が上手く出ていませんが、私のお気に入りの「ロサモエシー
秋には赤いローズヒップもなるのですが
こちらはなかなか結実してくれません…


今年はアーチに沿わせてみました
結構良い感じの雰囲気になりました~♡
c0206051_14163887.jpg
c0206051_14162920.jpg




開花株を見て一目惚れしてお連れした「ロサカニナ
その後、ぱったり咲かなくなり
木ばかりが大きくなって狭庭でもてあましておりました
どうしたもんだろなぁ~
と迷っていたところで咲いて来るなんて、
主の気持ちを読んだのか?


ほんのり桜色の一重の楚々とした子です
やっぱり、めちゃくちゃ可愛い~


秋に実った実が「ローズヒップティー」になります
今年は採れるかなぁ~♪
c0206051_14162993.jpg



つくし野バラも咲き始めました
勢いの良いバラさんなので、適度に枝すかししてあげないと
駐車場の車のドアも開けられなくなるくらい、ジャングリます^^;
c0206051_14165405.jpg



以上は原種系のばらさんで、すべて秋になると
赤い可愛いローズヒップが見られます


同じローズヒップ繋がりで「安曇野」も満開
こちらは、秋のローズヒップに一目惚れしてお連れしたバラさん
お花も可憐で可愛らしい~
道行く人の評判も上々♪
c0206051_14165341.jpg



以上、雨上がりのお庭のバラさん達でした♡













[PR]
by sachiko_0906 | 2016-05-12 22:15 | ナチュラルガーデン | Comments(0)

今日の庭

連休明けに東京にいる娘が一週間ほど遊びに来ていました。
久々に母娘ゆっくりとした幸せな時間を過ごす事が出来、ブログの更新はさぼっていました。

その間にバラは咲き始め、ゆっくり写真を撮る事もしない内に気が付くとハラハラと散り始めています。でも、去年と比べると開花の時期にバラつきのある事に気が付きました。

置き場所や、管理の仕方次第で、開花の時期もかわってくるようですね。という事は、逆に言えば開花調整をする事が出来ると言う事になるのかな?まぁ、そこまで凝って育てるつもりはないのですが、プロは展示に併せてそんなことも思い通りに出来るのでしょうか^^

今日のお庭です。色々な草花が勢いを増して日ごと表情を変えています。毎日お庭に出るのが楽しく、ワクワクします。

まずは、前回のブログでも触れた「安曇野」。今年は頂いたトレリスにゆったりと誘引してあげました。ただ、余り日当たりの良い場所ではないのですが、それが功を奏したのでしょうか?昨年より少し優しい雰囲気になったような気がします。
c0206051_0113899.jpg

こちらは「つくし野ばら」2年で大分大きくなり、沢山の花芽を付けて咲き始めています。咲き始めはピンクが濃いのですが、すぐに色が薄く優しいピンク色に変化するので、そのグラデーションも良い感じです。
c0206051_0194629.jpg

原種の「ロサモエシー」去年はかなり早い時期に咲きましたが、今年は今頃から咲き始めています。花の大きさもちょっと小さいですが、この花色大好きです。一重も好き!
c0206051_0215070.jpg

昨年「ペネロープ」の台木が伸びて、切らずにいたら一年で花を付けました。ノイバラになるのかな?思った通り、可愛い~ただし、かなり太いシュートが勢い良く伸びるので、か弱い雰囲気に育てるにはどうすれば良いのか、これは一番重要な課題ですね…
c0206051_0252453.jpg

左はイングリッシュローズの「エブリン」香りが素晴らしいという事だったのでお招きしましたが、もっともっと強香なモノが欲しかった。右は「マダムピエールオジェ」返り咲き性のバラで、コロンとした優しい雰囲気のバラです。写真で見ると同じ大きさですが、実際にはエブリンはかなり大きな花です。
c0206051_0303335.jpg

もさもさのわが家のお庭です。春先までは大丈夫でしたが、狭い所にあれもこれも植えてしまったので、次第に歩きにくくなり始めています。夏にはどうなる事やら…><
c0206051_039533.jpg

ずっとずっと育ててみたいと思っていた「宿根アマ」思っていた以上に花期が長く、春先からずっと咲いてくれています。
c0206051_0462840.jpg

クレマチスです。左は「白万重」と「ハーリーハイグレッド」だったかな?右は「ダッチェスオブアルマーニ」
c0206051_0485935.jpg

去年の国バラで買ってきた山アジサイ2種
c0206051_05038.jpg

左上こぼれ種で育った「ニゲラ」右上はやはり去年の国バラで買ったクレマチス「バーシカラー実生」左下念願だった「レースフラワー」右下ゲラニウム「ジョンソンズブルー」
c0206051_0504330.jpg

左「オルレヤ」右「チドリソウ」と「レースフラワー」
c0206051_0553496.jpg

物置改造計画はゆっくり継続中です^^下は「ロープリッタ」
c0206051_057371.jpg

「アリウム」がようやく咲き始めました。素敵な色♪
c0206051_0581593.jpg


こうして見ると、かなり色々咲き始めていますね。未だ咲いていない遅咲きのバラもあります。宿根草もあちらこちらから芽を出し育っています。ブルーベリーとブラックベリーは今年は豊作が期待できそうですよ♪

仕事を早く片付けて、庭仕事に集中したいです。虫よけスプレーも買ってきたので準備は万端です♪
[PR]
by sachiko_0906 | 2012-05-22 01:10 | ナチュラルガーデン | Comments(2)
先日、落ちたバラの葉っぱを綺麗にお掃除して薬をかけておいたのだけれど、相変わらず毎日毎日、はらぁ~り、はらぁ~りと葉っぱは落ちまくっています!

で、意を決して、一つでも黒星の斑点が確認できる葉っぱは徹底的にむしり取ったら、あ~ら~ら~丸坊主になってしまったERの【ブリーズ】(手前中央の鉢)まるで冬姿です…^^;
c0206051_9151313.jpg

最初は恐る恐るだったのに、神経がだんだん麻痺してくるのですかねぇ~…

えいっ!やっ!めんど~だぁ~!
そんな投げやりな態度ではありませんが、気が付くと何も残っていません!ただ、ほんのすこ~し、新芽が芽吹いているんですね…
c0206051_9155948.jpg

しかも、シュートらしきものも…♪(見難いけれど左下、パイプ支柱の右)
c0206051_9163730.jpg

春から蓄えてきた養分と、この子(新芽)達が僅かでも光合成をしてくれるだろうから、枯れてしまう事はないだろうと、バラの生命力に賭けました。

移動できる鉢植えのバラは作業しやすい場所に集めて、一鉢一鉢丁寧に薬剤散布をしてから、なるべく風通しの良い場所に一時避難させ、暫く様子見する事にしました。

ここは駐車場入り口の鉄板の上。道路に面しているので、多分風通しは良いだろう~
手前左「ピンクプロスペリティ」、右隣は「お教室のバラ」
c0206051_918555.jpg

同じく駐車場入り口「ツーエンフェウ」(下葉は丸坊主だけれど、新しい芽はなかなか元気が良い)
c0206051_9191788.jpg

秋冬野菜までの間空いている畑に左奥「ロサモエシー」、右手前「ユリイカ」
c0206051_9215270.jpg


活力剤の【メネデール】を、あれから3回ほどかけているせいか?^^/どの子も、新しく瑞々しい芽が確実に動いて来ています。

こちらは地植えの「グルスアンテプリッツ」下葉は殆ど落ちてしまったけれど、新しい芽は出て来ています♪蕾はすべて摘蕾しています。
c0206051_924261.jpg


秋バラは無理だと思いますが、来春の開花には影響が出ないように、何とか復活を願いたいものです…
[PR]
by sachiko_0906 | 2011-09-10 09:41 | バラ | Comments(0)
原種バラと言っても、その種類は色々あって、日本の野山に自生しているノイバラの花色は大概白だけれど、結構個体差もあるようで、先日長野を移動している時に見つけたのは少しピンクがのっている株でした。

先日仕事で箱根神社に行った時にたまたま見つけた山椒バラ(日本に自生する原種バラの一つ)、こちらは薄いピンク色で背丈は人間の身長をはるかに越えていました。

去年わが家にお迎えした原種「ロサモエシー」は紅色の一重バラで花の大きさも直径5~6㎝と意外と大きいのですが、派手さはあまり感じられず、山椒のような小さな葉っぱも可愛らしいと思ったのですが、花後勢いの良いシュートがグングン伸び始め、かなり大きく育ちそうな雰囲気なので、ただ今定植場所に悩んでいます。

さて、先日の農場祭で気に入ってお迎えした「ロサカニナ」、こちらは野趣あふれたいかにも原種と言ったイメージで凄く可愛らしいのです。今ようやく開花を迎えてます。一箇所に3つくらい蕾が付いて、それらが順番に開花するようで、なので一気に咲くのではなくて、枝垂れた枝のあちこちでポツポツ咲く様がなんとも奥ゆかしいイメージでたまりません~♪
c0206051_1025747.jpg

c0206051_107369.jpg
c0206051_106299.jpg
c0206051_1061874.jpg
c0206051_106356.jpg

二番花の「グルスアンテプリッツ」が開花を迎えています。薬のかけ方を間違えて、黒星病に冒されて葉っぱがバラバラと落ちてしまったので、沢山付いた二番花の蕾は殆ど摘蕾しました。でも、一寸だけ残しました(寂しいですもん…)そのかわり、開花と同時に切花にしました。雨や風で傷むことなく綺麗な状態で切花に出来て、これはこれで良い方法だったのでは?と、理屈をつけてます…^^;
c0206051_10211340.jpg

ブルーベリーの実がだいぶふっくらしてきています。収穫が楽しみです~♪
c0206051_10221847.jpg

ブラックベリーも大分色が濃くなってきていますが、ブラックべリーなので、収穫は真っ黒になるまでは待っていないとですね…ラズベリーもブラックベリーも、花期は長いようで、実を付けながら花も咲かせています。採ったら冷凍、採ったら冷凍で溜め込んでおくみたいですね^^/
c0206051_10232421.jpg

[PR]
by sachiko_0906 | 2011-06-27 10:33 | バラ | Comments(4)
二日二晩降り続いた雨も上がり、今日は爽やかな良いお天気…と言うよりも、一寸暑いかな?風もそこそこありますね…

朝起きてまず庭を見回りましたが、惠の雨のはずが、バラにとっては最悪の雨になってしまいました。折角綺麗に咲きかけていたのに、雨をたっぷり含んだ花びらは透けて腐り始めな感じだし、二日分の花びらが汚く地面に散っているし、雨の重みで花首は垂れちゃっているし、もぉ~被害甚大!朝日を浴びて綺麗に見えますが、茶色く変色してしまった花を整理した後のマダムプランティエです。みんな下を向いてしまってます。
c0206051_1452571.jpg

地面に落ちた花びらも、写真では綺麗に見えるけれど、このままほって置くと腐り始めるし、病気の元なので出来る限りかき集めて捨てないと…でも、全部は無理~
c0206051_149389.jpg

まぁ~自然のなせる業だから仕方が無いのだけれど、後の始末が結構大変です…^^;バラ栽培の表と裏を見てしまったような気がしました。はぁ~~~…

昨日のバラとガーデニングショーで見つけた便利グッズが、早速役にたちました。倒れたバラと千鳥草を上手く支える事が出来ました。もう少し買ってくれば良かったかも?
c0206051_14113866.jpg


風通しの良いところにお引越しさせて、せ~せ~しているロサモエシー。これが最後の花になるのかな?日本の侘び寂びに通じるような姿が、このバラの良いところでもあります^^/
c0206051_14195666.jpg

まだまだ先だと思っていたローブリッタの蕾が色付き始めていました。このバラ、色々なところで写真をみるのだけれど、イメージがみんな違っていて、いったいどのような花なのだろう?と、咲くのが楽しみなのです。
c0206051_14223387.jpg

ロココが咲き始めました。去年伊豆のバガテルで私が始めて求めたバラの苗です。あの時は何も知らずにただただ花が気に入って買ったのですが、結構大きく伸びる品種だったようで、今年はどこか適当な場所に下ろしてあげないと、大変なことになりそうです。ただ、こんな色していたかなぁ~?もう少し、アプリコット色が濃かったような気がするのですが…?
c0206051_1427268.jpg

おまけ。白のルピナスを買ったはずなのに、何故かピンクになっていました。結構大柄なんですが、憎憎しさはなくて思ったより可愛いです。整然と秩序だった花房が、幾何学模様のようでとても美しいと思いました。
c0206051_1430539.jpg

[PR]
by sachiko_0906 | 2011-05-13 14:49 | バラ | Comments(5)
c0206051_7395466.jpg

今年始めてのバラが開花しました~♪と言うより、多分、通常より特別早めに一輪だけ咲きました・・・と言った方が正しいかな…?先日バッタさんにつまみ食いされてしまったフランシスデュプリュイ、花は少し小さめだけれど、大きさには関係なく香りはやっぱり素敵で、うっ~とり~なんです^^/ 地植えにした成果?なのか、育て方が上手い?のか(ハハハ…)、つぼみもいっぱい付いてますが、本来の開花はもう少し後かな?いずれにしても、我が家のバラさんたちの中では早咲きのようです。

二番手はどうやらグルスアンテプリッツのようです。がくの間から僅かに花びらの赤色もみえはじめています…
c0206051_7501421.jpg

この二株は昨年花を見ていますが、今年始めてお目にかかる住人達もいます。その中でも一寸個性的な方達を紹介しますね。まずは、ロサモエシーさんですが、彼女は蕾のうちから非常に個性的な女優さんです。一重の真っ赤な一寸派手目のバラなのですが、これでも原種なんですよ。先の尖ったローズヒップが成りまーす♪
c0206051_7591168.jpg

次は、スプニールドドクタージャメイン、半八重のふりふりの花びらなんですが、蕾の先っぽがクルンと反っているところが可愛いですよねぇ~
c0206051_8592766.jpg

冬枯れだったお庭も大分賑やかになってきました。いつの間にか8品種に増えたクレマチスにも花芽が付き始め、今年はお手入れも頑張ったので、一寸期待ですよ^^/

後は時間の問題、毎日毎日ワクワクドキドキで~~~す♪
[PR]
by sachiko_0906 | 2011-04-15 09:19 | バラ | Comments(4)