人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

農園便り(2014.5.15) 静岡大学公開講座

今日は、静岡大学公開講座2014「私のミカン~ミカン通年管理教室」
を受講してきました^^

定員10名で、一人一人がそれぞれ一本のミカンの木を担当して、年間を
通じて基本的な管理を学んでいくと言う、全5回の講座です^^

こんな広々とした解放的な農場で実習してきました♪
c0206051_17200479.jpg


初回の今日は「着花管理」
花芽の付き方による、管理の違いなど、技術畑の先生のお話は奥が深く、
幅も広く、勉強になって、面白かった~^^

これが私が担当するミカンです~♪
農園のミカンに比べると、かなり小さい木なので管理もしやすそうね^^
c0206051_17200454.jpg


昨年ミカンの収穫の時、大きさにばらつきがあって、一寸巨大化したミカンも
ありました。見た目は立派ですが、味は大味でぼそぼそした感じで、品質的
には良いとは言えませんでした。その巨大サイズのミカンが、どのような枝
に実るのかも、今日教えて頂きましたよ♪


一寸専門的になりますが…

みかんの花芽は、付き方の違いによって、二種類に分けられます。
「直花(じかばな)」と「有葉花(ゆうようか)」
直花は昨年伸びた枝に花芽が付いたモノで
有葉花は、今年伸びた新芽に花芽が付いたモノです

直花は品質的にはオーケーなので、摘蕾の必要は無いです
有葉花は、葉っぱが5枚以上ある場合は実に養分が沢山行ってしまうので、
その結果実が巨大化してしまう。質の良い実には成らないのですべて摘蕾
するのだそうです。それをやってあげると、その枝は来年直花が付くのだ
そうです。ただし、葉っぱが5枚以内の花芽はそのまま残して実をならせる
と言う事うです。

ミカンを育てたことがない方には、一寸わかりにくい説明と思いますが、
このように専門的な細かな事は、私が持って入る本には書いて無いです。

10時~11時30分までの90分授業でしたが、結局お昼のチャイムが
鳴って、慌てて終了になりました
あっという間の2時間で、内容も濃くて、受講して正解^^

さて、今日の講義を聴いて少し分かってきたので、明日からの農園の
みかんの管理も一寸やりやすくなったかな^^




問ありがとうございます^^
下のバナーをクリックして足跡を残して頂けたら、
こちらからも訪問させて頂きます^^
おきてがみ




by sachiko_0906 | 2014-05-13 20:59 | 菜園